-- MiEVモニタ --


ファームウエアプログラム アップデート方法


パソコン(Windows10)を用いて、MiEVモニタのファームウエアをアップデートできます。


用意するもの

・MiEVモニタ
・Windowsパソコン
・USBケーブル(通信が可能なもの)
・BOOTHの「おまけファイル」内にある、ファームウエアアップデートファイル(もしくは作者から直接配布したアップデートファイル)

アップデート方法


1.Windowsドライバー、com番号の確認

MiEVモニタとパソコンをUSBケーブルで接続します。


デバイスマネージャを開きます。

スタートボタンを押して devmgmt.msc と入力すると、デバイスマネージャへのショートカットが表示されますので起動します。



ポート(COMとLPT)項目を探して、
「USB-Enhanced-SERIAL CH9102」
もしくは、
「Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge」
を探します。
(COM)の番号を控えます。

どちらも無い場合

ドライバを入れる必要があります。
CH9102_VCP_Driver
CP210x_Driver
(当サイトによるキャッシュ)
を適用します。
適用後、再起動が必要な場合は、再起動を行い、再度、デバイスマネージャでcomポートを確認します。

・M5Stack公式ドライバは↓です。
   M5Stack公式ドライバ


2.アップデート

BOOTHの「おまけファイル」内にある、ファームウエアアップデートファイル(もしくは作者から直接配布したアップデートファイル)をデスクトップにダウンロードします。

ファイルを右クリックして、「すべて展開」します。


展開の確認ダイアログが出ますので、OKを押します。


展開されたフォルダを表示させて、kakikomi.batをダブルクリックします。


comポート入力画面が表示されます。
先ほど、デバイスマネージャで調査したcomポート番号を入力します。


書き込みがOKの場合は、このようなメッセージが表示され、
***************** 書き込みました。 *********************
という表示が出ます。
何かキーを押せば画面は閉じます。


書き込みが出来ていない場合は、
***************** 書き込み出来ていません。 ******************

という表示が出ます。

3.バージョンの確認方法

1.立ち上げ時に確認する方法

立ち上げ時、画像差し替えを行っていない場合は、バージョン番号を表示します。


2.設定画面での確認方法
セレクタレバーをパーキングに入れ、通常画面で左ボタンを長押し(3秒以上)すると、ファームウエアのバージョン情報を表示します。

Ver1.2以降の場合

左ボタンで「Return monitor」を選択し、右ボタンで通常画面に戻ります。


Ver1.1以前の場合

(左ボタンで通常画面に戻ります)


バージョンアップ履歴


2022/05/01
Ver1.00

・初期バージョン(先行頒布向け)

2022/05/18
Ver1.10

・配布バージョン(先行頒布向け)

・km/kWhの実装/平均電費モードを一般向けにも使えるようにした。
・電費計算において、まれに消費SOCの表示に大きなマイナスデータ(1-現SoC-5%)が入ることがあるために対策を行った。
   
・平均電費において、平均元の距離やSOCが大きくなったときに表示が崩れるため、データが1行で収まらないときには文字ポイントを小さくするようにした。
・平均電費、32,768km、3,276.5%までの計算だったので、2,147,483,647km、214,748,364.5%までの計算とした(車両の寿命からこれで問題無いと思われます)
   
   

2022/06/10
Ver1.20

・配布バージョン(一般頒布)
 ・km/% RRを一般にも適用(だたしSDカード設定)
 ・顔文字表示追加、閾値変更
 ・OBC・急速充電中にkm/% RRを表示できるようにした。(中ボタン短押しで切り替え)





メインページに戻ります。

(C)2022 i-miev.jp